箱根1715年(江戸時代の正徳5年)に開業の温泉宿

江戸時代中ごろに創業したきのくにやは、大正時代には贅を尽くした別館を持つに
至りましたが惜しくも関東大震災で消失、現在の吉昇亭は昭和初期に建てられた
ものです。「伝統は常に斬新」。昭和48年に別館の「遊仙観」。そして本館に
「春還楼」を加えたきのくにやは、古き良き伝統を守りながら、新しいおもてなしの
歴史を刻んでいます。

きのくにや旅館の由来

江戸時代、和歌山県河辺村城主 小島氏に始まる。
その後、小田原市酒匂に移り川辺と改名、網本として成功する。
その三代目が小田原城主大久保加賀守より11万3千石で芦之湯の土地と温泉株を取得する。
1715年11月(正徳5年)である。後は幾多の災害にあいつつ栄枯盛衰を繰り返し今日に至る。
現在12代目を継承中。 ※館主作成「宿と温泉の歴史」より抜粋

総湯(共同湯)時代の芦之湯古い絵葉書から
総湯(共同湯)時代の芦之湯古い絵葉書から

滝廉太郎先生の「箱根八里」ゆかりの宿

「箱根の山は天下の剣・・・」と誰にも親しまれる歌「箱根八里」。
この歌は滝錬太郎先生が、きのくにやに滞在中につくられたもの。結核を患った
晩年の滝先生は当館で療養生活を送られていました。当時の本館正面入り口には、
滝先生を偲んで、「箱根八里」の作曲之碑が建立されました。

滝廉太郎先生「箱根八里」作曲の碑
滝廉太郎先生「箱根八里」作曲の碑

明治時代の大風呂の古画

芦之湯は平安時代からの湯治場として、また箱根で最も古い温泉地として知られ、
江戸時代には多くの文人、歌人が集いました。

江戸時代の湯治場の様子を描いた古画開業当時の浴室を再現した「正徳の湯」
江戸時代の湯治場の様子を描いた古画開業当時の浴室を再現した「正徳の湯」

明治時代のお献立表

文明開化の波に日本が洗われていた頃、東京の奥座敷、ここ箱根にも新しい文化の
躍動がやってきました。それは「ハイカラ」と呼ばれる欧米風の生活スタイル。多くの
文人歌人たちがきのくにやに、モダンな雰囲気を連れて訪れました。今なお残る明治時代の
お献立表に、コロッケ、チョコレートクリーム、カフェなど、当時の流行の一端と
モダンぶりを偲ぶことができます。

明治時代の献立現代の遊仙観のご夕食例
明治時代の献立現代の遊仙観のご夕食例
facebook
JAL温泉マイル

このホームページまたはお電話での
ご予約でマイルが貯まります。